Flash®クリエイター能力認定試験

便利に利用しているFlash®についての試験

Webコンテンツを見る時に必要なFlash®は、無料でダウンロードできるため、多くの方が利用しています。
このFlash®についての能力を判定する試験がFlash®クリエイター能力認定試験です。

僕らもこうした技能を使いこなす必要があるので、しっかり勉強が必要となるのですが、これからWeb業界やIT業界などで活躍したいと考えているのなら、Webデザイン系のスキルを少しずつ習得し、それを証明するための資格が必須となります。

現代は資格時代、しかも資格があってもちろん実践能力があるという事が求められるので、Flash®クリエイター能力認定試験のように、実際に作ったものを判定する試験認定を受けておくことは就活に大きなプラスとなります。

ただ資格があるのではなく業務の中で創造性の高い作品を構築できるかどうか、これは就職の面接ではわかりません。
勿論、履歴書や自己PRでどんなに必死にアピールしても証明するものがないのでは書類選考すら通らないという厳しい現実があります。

昔は企業の中で少しずつ技術を向上させて、独り立ちするとか転職するという事も可能でしたが、現代は本当に能力がありこの業界で名前が売れているという人以外、資格によって判定する場合がほとんどです。
そのため、Flash®クリエイター能力認定試験など認定を受けておく方が安心です。

Flash®クリエイター能力認定試験概要

この試験では、Flash®を用いたWebコンテンツの作成技術、操作技術、さらに基本的知識を備えているかどうかを判定します。
そのため、試験で提示されている素材を利用して仕様に従い正確に作品を仕上げていく技術を証明することが必要です。

初級、上級があり、初級はFlash®の基本的な機能を利用できる、作詞絵方法について概要を理解しているかどうか、さらに文字、簡単な図形などを利用してWebコンテンツの作成ができるかを判定します。

上級になるとさらにFlash®を利用して高度なアクションスクリプト設定などができること、インタラクティブなコンテンツ作成ができるかどうかを判定されるので、しっかりとした技術、能力が必須です。

実際、僕らWebデザイナーもこの資格を保有していることでその実力、基礎能力などを企業にある程度理解してもらう事が出来るため、必須な資格と考えています。
この先、Webで活躍したいなら取得しておく方がいいでしょう。

受験資格等制限がないので学生さんでも誰でも受ける事が出来ます。
受験は基本操作、描画、カラー操作、レイヤーの使用、テキストの使用、シンボル、インスタンスの使用などがあります。

実技試験は問題冊子が配布され、テーマや指示によって解答をHD等に作成、FDへ保存して提出します。
技術を証明してくれる認定試験となりますので、試験日まで対策テキストなど利用してしっかり勉強しておきましょう。