Illustrator®クリエイター能力認定試験

フォトショップと同じようなソフトと思っていません?「Illustrator®」

僕らがサイトを作成するという時に欠かせないソフトといえばやはりアドビ系のソフトは欠かせないと感じるのですが、中でもフォトショップとイラストレーターは欠かせないといえます。
ホームページの作成について個人で行うにはフリーソフトできれいに出来上がりますが、グラフィックなどの作業を盛り込みたいという時などは、これらのソフトがないと面倒だし難しいし、何時間かかるの?という状態になってしまいます。

この二つのソフトが同じようなものと思っている人も少なくないのですが、フォトショップは画像やイラストなどの見た目を美しく修正、調整などするソフトで、解像度の調整などもできるので非常に便利です。

自由に写真の加工ができるという点ではフォトショップが優れていますが、正確なデータを作る、レイアウト構成を行うという時、Illustrator®が欠かせないのです。
例えば企業からロゴの作成を依頼された場合、利用するサイトによって色やフォルムが違うという事ではどうしようもありません。

こういう時に同じ色、同じフォルム、比率で的確なデータを作る事が出来るのがIllustrator®です。
そしてIllustrator®クリエイター能力認定試験は、このソフトに対する技術を認定する試験となっています。

Illustrator®クリエイター能力認定試験の種類と受験資格

Illustrator®クリエイター能力認定試験には、エキスパートとスタンダードの試験があり、エキスパートは企業などクライアントから依頼されたニーズに従い、質の高いコンテンツを作成する事が出来るかどうか判定します。

スタンダードはIllustrator®の基本技術がしっかりあり、指示通りに作業ができるかどうか、という事を判定する試験です。
いずれも、学歴年齢等条件のない試験なので、技術がある方はドンドン試験を受けて資格認定を受けてほしいです。

エキスパートは第一部試験が50分、第二部試験が90分、知識問題と実技問題があり65%以上の得点率、そして実践問題の得点率が70%以上必要です。
スタンダードは実技問題の得点率が65%以上、そのうえで実践問題の得点率が70%必要です。

フォトショップの能力認定試験もそうですが、Illustrator®クリエイター能力認定試験も、
各バーションの対応OSがありますので、ホームページでOS対応表を確認して置くことが必要です。

試験費用その他

Illustrator®クリエイター能力認定試験の受験はホームページからの申し込みになりますが、随時と団体がありますので、いずれかを選択する事が必要です。
試験費用については変更等あるといけないので、必ずホームページで確認してください。

さて気になる合格率ですが、70%近い数字がありますのでしっかりと勉強し、実技を磨いておくことで受からない試験ではないと考えて挑みましょう。
学生さんも学歴や実務経験など必要ないので、時間があるうちにバンバン試験にチャレンジしてください。