SEO対策ってなに?SEO対策の基本

urapoint_750

理解しておきたいこと

デザインやWebページの構築など、様々な知識や技術を理解しておかなければいけないのですが、より閲覧数の多いホームページを作りたいなどクライアントから要望されることが多いので、WEBデザイナーとしては、SEO対策についての知識も持っておくべきです。
僕が働いていたWebデザインの会社でも、クライアントさんから多くの方にみてほしいという願い、目的があるのでSEOを意識したサイト運営をしていきたいと説明を受けて、少々恥ずかしい思いをした記憶があります。
SEO対策は検索エンジンを最適化して多くの方が訪れるサイトにしていくための対策という事は理解していたのですが、それ以上の知識を持っておらず、上司にもしっかり勉強しておけと叱咤されました。
WEBデザイナーはこうしたことも考慮してサイト構築、デザインを考えていく必要もあるのです。

SEO対策を具体的に理解しよう

Search Engine Optimizationの略で「SEO」で、日本語では検索エンジンの最適化という意味がありますが、つまり、検索エンジンの閲覧数の結果がより多いサイトにしていく、という事です。
お金がある方は、リスティング広告と行う場合もあります。
リスティング広告は検索エンジン側が、利用者の検索したキーワードに対し、そこに関連している広告を上位表示してくれるもので、これは有料サービスです。

インターネット上で見る広告は、ユーザーが閲覧する際に入力したキーワードに沿ったものではありません。
こちらのサイトも、インターネット上で見る広告を知る上で参考になります。
>>IK ALL – インターネット広告のすべて

ほとんどが無作為に表示されるものですが、リスティング広告はユーザーが検索したキーワード、またそれに関連する広告が表示されることで、閲覧しているユーザーを誘導しやすいという特徴があります。
リスティング広告は有料で行っているため、表示されるページの一番上に出てきますし、横の目立つ部分に表示されるのですが、SEOは上位となってもその下に検索されるため、その位置に関しても違いがあるので、対策をしっかり講じていかなければユーザーに選んでみてもらうことがなかなか難しいのです。

Googleに対してSEO対策を行う事が重要

皆さんが何かの情報を得たい時利用する検索サイトはどこでしょうか。
多分、GoogleかYahooだと思いますが、実はこのYahooの検索サイトはGoogleの検索サイトを借りて作られている内情があるため、基本的にGoogle上位に検索されるようになれば、Yahooに対してもSEO対策できているという状態です。
GoogleとYahooの違いは、検索結果がYahoo独自のものとなるため、その特徴は理解しておくべきです。

例えば検索結果の中に差し込みで入ってくるのがNAVERまとめですし、Yahoo知恵袋も差し込まれてきます。
そのため、もともとのサイトの検索数をあげたい場合、NEVERまとめに記事を書いてそこから元々のサイトに誘導する等の方法があります。

検索サイトごとのユーザーの違いを把握しておく

僕はGoogleで色々な情報を閲覧していますが、実は男性と女性で利用する検索サイトに違いがあるのです。
女性はYahooがほぼで、男性はGoogleとYahoo同数位、年齢が若いほど男女ともGoogle利用が多くなっています。
これらの違いを把握しておくことも重要です。
この他に、bingやdocomoなどの検索サイトがありますが、日本の場合、YahooとGoogleでシェア90%です。

昔と今の違い

インターネットを閲覧するのが好きで、何となくパソコンやインターネットの事などに詳しくなっていった時代、特に中学時代はのめり込み気味でしたが、SEO対策は初期から現代にかけて大きな違いが発生しています。
昔は被リンクサイトが多いと検索表示が上位になるという定説がありました。
Googleなどではこれが評価の論理だったので、当時は被リンクサイトを多くするという事がSEO対策の基本でした。

しかし今は被リンクが多くても検索数上位に出てくることはありませんし、Googleも本当に自然と閲覧数が多いサイトが欲しいと考えているため、意識的に閲覧数を多くしたいと構築するサイトを外していく方に力を入れていて、対策のために評価論理の方法をどんどん変えています。
SEO対策に関して時代で変わっていくことをよく理解しておくことが対策を立てていくために必要な要素です。