Webクリエイター能力認定試験

業界内で受験者が多いWebクリエイター能力認定試験

Webクリエイターとしてこれから深く勉強していこうと思っている人、またWebデザイナーとしてサイトデザインなどを手掛ける僕のような人にとって、このWebクリエイター能力認定試験は能力を証明する試験です。
僕らのようにWebデザイナーやプログラマーなど、Webに係わる仕事をしている、これからしたいという事ならこの資格を取得しておくことが求められるというか、持っておく方が仕事しやすいといえます。

初めてWebを学ぶ学生さんたちもこの資格の取得を考え、専門学校等に通いながらチャレンジしている学生が多いのですが、難易度に応じた級があるので、どんどんレベルアップしていけば就職にも有利でしょう。

エキスパートとスタンダードの違い

スタンダードはWeb業界でこれから働くという方、これから活躍していきたいという方が挑戦する資格といえます。
キャリアをスタートさせる際に取得しておくとWebの基礎知識などを得る事が出来るので登竜門的な資格と考えておくといいでしょう。

スタンダードは例えば自分のサイトを運営している会社などで管理を行っているなど、ちょっとしたWebのスキルを持ち始めた人にオススメの資格です。
最初にチャレンジする資格はこの資格と考えておくと勉強しやすくなります。

エキスパートはWebデザイナーとしてWebデザインをもっと豊かな表現にしたいと勉強中の方、またクリエイターとしてスピーディに質の高い仕事をしたいと考える方、Webディレクターとして管理などを行っている方に、その知識などを証明する資格です。

Webを扱うものとしてモチベーションを上げる事が出来る

僕もそうですが、こうした資格を取得しようと勉強している時というのは、こういう方法があったんだとか、なんだこういう事なのか?とわからなかったこと、疑問に思っていたことが次々に勉強からクリアになっていくのです。
こうした資格は勉強する事で実務にかなり役立ってくるので、モチベーションを高く持つことができるのです。
Web業界で働きたいと思う時には基本的な技術や知識がどうしても必要となるので、資格取得はよい効果があると感じます。

業務の効率化を図る事もできるので、僕ももっと若い時、関係者にもう少し資格とか取得して効率よく仕事ができるように頑張ってみたら?と嫌味を言われたことがありますが、仕事にもかなり役立つ資格となります。

質の高い仕事をするためには、技術、知識共に基礎を知らないと途中躓くことになるのです。
それの経験を僕は何度もしているので、Webの基礎をしっかりつけるということでも、Webクリエイター能力認定試験はとてもいい試験です。

試験概要は

Webクリエイター能力認定試験エキスパート知識試験はWebサイトに関する知識を持っているかどうか確認するサイトです。
多肢選択方式で20問出題、20分の試験です。

実技試験はHTMLの作成やCSSの読み込み、JavaScriptの読み込み等が問題なくできるかを見る試験です。
配布される問題データや素材データを利用し、問題の文章に書かれている通りに編集を行います。

実技の時間数はエキストエディター使用で110分、Webページ作成ソフト使用で90分です。
知識、実技問題の合計得点率が65%以上で合格です。

スタンダードは実技試験のみで、HTML5の返還、HTMLの作成等の試験です。
配布された問題データ、素材データを利用し問題の指示に従って編集を行います。
テキストエディター試用の場合70分、Webページ作成ソフトの使用で60分です。
実技問題の得点率が65%となれば合格となります。