ホームページ制作能力認定試験

Web系の仕事に就きたい時に取っておきたいホームページ制作能力認定試験

Webデザイナーとして現在、活躍している!!(本当か?)僕・・・自称ですけど、まあ仕事を貰えている僕からすれば、Web系企業に就職したいという時、やはり資格を持っている方が有利だと感じます。

僕らの時代もそうでしたが、現代はもっと資格社会となっていて、資格を持っていて当然、その上活用できて即戦力じゃないと・・・という時代ですから、就活されている方は本当に大変だと思います。

ワードにしてもエクセルにしてもできてあたりまえという時代で、Web系企業や店舗などに採用されたいと考えるのなら、書類選考で落とされることがないように、ホームページ制作能力認定試験など、認定、資格をしっかり持って挑みたいものです。

ホームページ制作能力認定試験は、HTML編集ソフトで見る人がこれは見やすいと感じるホームページを制作する標準的な能力を持っているかどうかを確認する試験です。
ホームページ制作について基本的な技術があり、用語知識を理解し基礎的なWebページをソフト利用で作る事が出来るかどうかを判定します。

ホームページ制作能力認定試験の概要とは

60分間の試験で60%以上の得点率が必要です。
試験内容は提示されたコンセプト、例えばペットショップのWebサイトなど、複数ページ構成のサイトを1つ作り上げるという試験です。

実技試験で判定しますが、ホームページ制作ソフトによって配布された冊子に書かれているWebサイトを、冊子の仕様通りに作ります。
HTMLファイルの新規作成、未完成の編集、リンク設定など、ホームページの基本的な構築ができるかをみられます。

通常3ページから4ページ程度のウェブページで1つのサイトを完成させるという出題です。
ホームページを作ったことがない人にとっては出来ない試験ですが、ホームページをいくつか作ったことがあるという人にはチャレンジしてみる価値があります。

何かの資格と共に持っているというのも有利

Web系の企業へ就職したい、IT系に行きたいという人のほかにも、例えば知名度の高い店舗などへ就職したいという時にも役立ちます。
ペットショップのWebサイトの作成はかなり多くなっていて、僕も仕事させてもらっていますが、内部にホームページを制作できる人がいれば内部で作る事が出来ます。

例えばメニューやプラン、コースなどに変更があった場合や料金の変更があったという場合でも即対応できるので、ホームページ制作能力認定試験の認定をうけているという方などは最高の人材となるのです。

ペットショップですからトリマーの資格を持っている、プラス、こうしたWeb系の資格認定を受けているという事なら、就職の幅もぐっと広がると考えられます。