【いちばんやさしい新しいSEOの教本】についての感想

book-923254_750

細かく書かれていました

僕は昔からやさしいという言葉に弱いという特性があります。
というか、みなさん新しい学年になった時、「超難題」と書かれている参考書よりも、「やさしい数学」などと書かれている方を選ぶでしょう。
特にSEOとかWebの知識を知ろうと思っているビギナーな人にとっては、やさしいから入る方が絶対に事細かに色々な事を知る事が出来て、「知識」になっていくはずです。

さてそれで最近このやさしいという言葉に思わずつられて買った本が「いちばんやさしい新しいSEOの教本」というやつです。
新しいという事にも弱く、やさしいという事にも弱い僕にとんでもなくアピールしてきた本でした。

WEBデザイナーとして仕事をしてきた僕ですが、まだまだ半人前、特にSEOという部門に関しては薄っぺらい知識しかないんだなという状態は理解していたのですが、やはり、そうだった…という感想です。
というか、こんな僕でもよく理解しやすくできていたのでこれは素敵な本だと感じました。
SEOとはなんなのか、どんな目的があって行う事なのか、注意しなければならないことは何か、そういう事が細かく書かれています。

必要なツールの紹介も嬉しい

SEOについて基礎的知識を細かく伝えてくれているというのもありがたい事なのですが、この本の特徴として、SEO対策として知っておくべき、使ってほしいツールであるGoogleウェブマスターツールなどのツールが紹介されていること、またどうやって何を目的に利用するのかという事まで、詳しく書いてくれてあるので、初心者ほどこの本は目からうろこの本になると感じました。
僕がよく理解できていなかったGoogleアナリティクスも、他の書籍や説明サイトなどでいまいちよくわからずにいたのですが、これもしっかり理解できるように文字通り、やさしく、説明してあり、なるほど・・・と思わず喫茶店で声を出してしまったくらいに貯めになる本です。

SEOを学びたいと思っている、理解したいと思っている人に最適な本

SEOをこれから学びたいと思っている人やもっと深く対策を考えたいと思う方には、ぜひとも読んでほしい本です。
SEOは簡単に考える事の出来ない非常に深いものなのだ、日々解析し新しい情報があれば仕入活かし、対策と常に考えていくことが需要という事もこの本が教えてくれます。
僕と同じようにWEBデザイナーだったりWEBデザインに関連する企業に勤めている方は、この本が本当に役に立つと感じています。